新潟ワインコーストへの交通について(フェルミエを訪れる−2)

2019-07-10

f:id:J_Wive:20190709224123j:image

Fermierの詳細に入る前に、ワイナリーへのアクセスのお話を。

新潟というと、山梨や長野より随分と遠いイメージを持たれるかもしれません。

しかし、重い腰を上げて行ってみると実際はあっという間。

山梨や長野のワイナリーに行く感覚で出向くことができる目的地です。

今回、我々は以下の電車ルートで向かいました。

東京⇨燕三条(新幹線)⇨吉田⇨巻(在来線)⇨新潟ワインコースト 

巻駅からはタクシーでおよそ15分程度。

フェルミエがある”新潟ワインコース”へ到着します。

燕三条降車以外では、新潟経由も可能です。

東京⇨新潟(新幹線)⇨巻(在来線)⇨新潟ワインコース

または、

東京⇨新潟(新幹線)⇨新潟ワインコースト(無料シャトルバス)

という選択肢もあります。

ただ、このシャトルバスは、前日までに事前予約が必要ですので注意が必要です。(所要時間50分)

4月1日より「新潟駅⇔カーブドッチ」直行便がスタート | カーブドッチ・ワイナリー

個人的には、ローカル線に揺られながら、豊かな自然を眺めてゆっくりゆったり向かう選択肢も悪くないかな、と思っています。

新潟ワインコーストには、カーブドッチドメーヌ・ショオカンティーナ・ジーオ・セートルサンクワイナリー、そしてフェルミが集結しているので、

いずれのワイナリーに向かう場合にも、上記の交通を利用すれば到着します。

それでは、次回はいよいよFermierのお話です。

余談ですが、燕三条から吉田に向かう電車(弥彦線)では、手動でドアを開けていました!

冒頭の写真がその電車。感激してしまった。