農家と共に生きる(北海道ワインを訪れて−4)

2019-08-14

f:id:J_Wive:20190810220737j:image

共感できる想い

北海道ワインの創業者 嶌村さんは、

なんと、山梨県の現 甲州市出身だそうです。

北海道ワインの創業者のお方ともなると、てっきり北海道ご出身の方かと思っていました。

幼少期は山梨県で過ごされたため、

ぶどう作りのお父さんの背中を見て育ったといわれています。

北海道へ移ってからというもの、最初は繊維業のお仕事を始められ、

その後ワインづくりに携わるようになったそう。

繊維業のお仕事をされていた当時から、「北海道の雇用基盤を作る」という信念を抱き、

その信念は北海道ワインになってからも貫かれていました。

「農家が苦境にある時こそ、買い支えるべきだ。ワイン造りは農業なのだ」

我々がワインをいただけるのは、

ぶどうを作られている農家さんがいらっしゃるからこそ。

自社畑をお持ちのドメーヌや、醸造をしてくださるワイナリーさんがいらっしゃるから、

日々、楽しみながらワインをいただくことができています。

嶌村さんのお言葉によって、大切なことに改めて気付かせてもらえました。