コンクールで受賞した日本ワイン

2019-08-06

f:id:J_Wive:20190806084237j:image

受賞ワインがずらり

今回、日本ワインコンクール2019の受賞ワインが発表され、

その中に、北海道ワインのワインが多く受賞されていました。

その一部をこちらにご紹介します。

■銀賞

鶴沼  ゲヴュルツトラミネール  2017           

田崎ヴィンヤード  ソーヴィニヨン・ブラン 2018    

葡萄作りの匠  北島秀樹  ケルナー  2018                      

鶴沼  ゲヴュルツトラミネール  2016       

鶴沼  ミュスカ  2017                  

■銅賞

北島ヴィンヤード  No.7  ケルナー  2018    

鶴沼は自社農場から採れたぶどうを、

田崎ヴィンヤードや北島ヴィンヤード(北島秀樹さん)は農家さんで、

仕入れたぶどうを北海道ワイン醸造しています。

その他にも多くのワインが受賞をされていました。

詳しくはこちら。

www.hokkaidowine.com

農家さんを前面に

賞をもらうということは、やっぱり賞賛されるべき素晴らしいことです。

醸造北海道ワインで行なっているけれど、

ぶどうは農家さんからいただいている。

その敬意が表れているのが、田崎ヴィンヤードや、

冒頭の写真にもあるような生産者のお名前を前面に出したワイン。

これが、嶌村さんがずっとおっしゃっている

「農家さんを大切にする」

その精神なのです。

このお話は次に続きます。

冒頭の写真は、先日伺った際に竹内さんにオススメされて購入した、北島秀樹ケルナー2018。

受賞おめでとうございます!

飲む日が待ち遠しいです。