お宿選びも大切!小諸の常盤館 長野県東御ワイナリー訪問の旅(6)

さて、宿はどこにしよう?東御・小諸エリア

1日目の2軒のワイナリー訪問を終えて、向かう先は本日のお宿です。

 

実は宿泊先を決める際、どこにするか悩みました。

正直、宿泊できる場所としてはそんなに多くない東御エリア。

東御のワイナリーを訪問して、そのあとの宿泊先としては、少し移動はしますが小諸市の「常盤館」と「中棚荘」が候補に上がりました。

 

今回はお財布と相談して「常盤館」さんに決定。

夕朝食付きのプランです。

 

www.tokiwakan.com

 

こちらでは、ワインの持ち込みをお許しいただけたことに感激しました。

夕食時にワインを持ち込みたかったので、ダメもとでお聞きしてみると、快くオッケーです!と。

我々が持参していたリーデル オーグラスと共にワインを持ち込ませていただきました。

夕食を食べながら、「ワインがお好きなんですね〜」「グラスを洗いましょうか?」など、ホスピタリティに溢れる親切なご対応に感激!

持ち込みについてはお宿を申し込んだ後にオッケーしていただけたのですが、我々にとっては非常にありがたいお話でした。

ちなみに、夕食はバスに乗って少し離れた会場でいただきました。

 

 名物!登山電車で行く、絶景露天風呂

さて、宿のもう一つのお楽しみといえばお風呂。

お宿の敷地内に小さな登山電車があるので、そちらに乗ると、ものの1分程度で山頂に到着します。

ちょっとしたアクティビティ嬉しいですね。

夕方と朝と2回お風呂を楽しみました。

 

2日目は朝の十時の無料シャトルバスを利用させていただき、小諸駅に向かいました。

さぁ、旅の最終日2日目は、マンズワイン小諸ワイナリーの訪問です!

(あっ。前回の記事でも触れましたが、駅にはタクシーを呼んでおくことをオススメします!我々は、ホテルからの無料シャトルバスの中でタクシー手配しました!時間短縮。お忘れなく)

 

 

 

f:id:J_Wive:20190423132005j:image